新築で建てるのでしたら、やはり注文住宅が良いと思います。けれども、設計図を一から起こす注文住宅よりも、既存の設計図から建てる注文住宅の方が、いくらかお安い例も多々あるわけで。もちろんやりようによって、注文住宅でも低価格にすることは可能です。

けれど設計図を一から起こし、施主家族に合わせて微調整も行う注文住宅は、やはり設計料の分いくらかお高くなるというものかも知れませんね。かといって、すべてが自由にできない既存の住宅ならば、たとえ新築でも嫌だなーと思う人もいるでしょうか。そのような人にオススメしたいのが、セミ注文住宅です。

今では建売住宅にしましても、建てる前に契約をして、ある程度施主の好きなようにできる新築住宅もあるのです。建てる前の新築住宅を購入するわけですから、フローリングや壁紙、遮光器具や照明、それに住宅設備に関しても選ぶことができたりするわけなんです。

既存の設計図を使いますので、間取りの変更はできないとはいえ、施主側にしても選べる範囲が広いことはとても魅力的なことでしょう。ですから注文住宅を諦めきれないという人は、このようなタイプの建売新築住宅を探してみるといいでしょう。