2016年 10月 の投稿一覧

断熱性のいい住宅とは

一戸建てを新築するときの設計段階で、断熱性を高められる箇所は、壁の内部だけでなく、床下もあります。床下施工の一環として断熱材を施工しておくと、床暖房にも効果的です。注文住宅は創意工夫を活かせる住まいなので、冬の寒さが気になる家族は床暖房を積極的に取りいれると良いでしょう。床暖房が設置されていると、冬は足元から自然な温かさを実感できます。床下からの冷気で床暖房の効率は落ちますので、床下にも断熱材を施工しておくと良いでしょう。床暖房設備の下に施工するのがポイントです。コンクリート基礎の冷気も遮断できます。床下の断熱材と、床下暖房の相乗効果で、快適な温かさを維持しやすくなります。暖房効率も良くなりますので、暖房費用の節約効果も期待できます。フローリングの表面の湿気を拡散させられるので、フローリング材を長持ちさせる役割も果たしてくれます。注文住宅の内装は、少しの工夫で断熱性を高められるようになります。

家づくりの進め方

三重県で注文住宅を新築するには様々な段階があります。
最も初期の段階は土地探しとなるでしょう。既に土地が用意できている人以外は、新築を希望する場所の選定が重要となります。周辺の交通網や日常の買い物の利便性、通勤通学にかかる時間なども重要ですが、土地の形や道路の設置状況、広さや地盤の固さなども調べておくことがおすすめです。
土地の購入が決まったら続いて建築するハウスメーカーの選定に進みます。住宅展示場やホームページで情報を集めるのが良いでしょう。ハウスメーカーではなく、地元の工務店でも注文住宅の建設ができます。コスト面だけでなく、自分たちのライフスタイルに合致した家を建ててくれる会社を選びましょう。複数の業者にプランニングを依頼して、その中から決めることもあります。
その後はプランの詳細について打ち合わせを行って、最終的な決定となったら契約となります。住宅ローンを申し込み、融資の実行と同時に建築請負契約を結ぶことが一般的です。
一連の流れは早くても半年程度はかかりますので、じっくりと腰を据えて取り組むことが大切です。

後悔しない住宅会社の探し方

賃貸住宅に入居していて、雨漏り被害を経験したことのある人ならば、マイホームとして一戸建てを新築するときは、雨漏りしないような一戸建てを目指すだけではなく、メンテナンス性にも優れている一戸建てを目指すと良いでしょう。注文住宅は、新築して完成してからもメンテナンスに対応してくれます。無料の定期メンテナンスは期間限定や回数制限が設けられている場合も多いのですが、外観からの簡単なチェックは無料で対応してもらえます。メンテナンスで不具合が早期発見されれば、破損する前にリフォームを行なえるので、工事費用の節約効果が大きいです。万が一にも雨漏りが発生してしまっても、再発防止のために、しっかりと原因を解明してから適切な工事を施工してもらえます。注文住宅は快適に暮らせる住まいを維持するために、早期発見と適切工事を基本姿勢にしていますので、築年数が経過してきても安心して住み続けられます。営業年数の長い工務店ならば、親子さらに孫の世代へと住まいの維持管理とメンテナンスを担当してもらえます。

失敗しない資金計画

将来にわたってゆとりある返済ができるように、住宅ローンの実行の前に必要なことは、ライフイベントごとに発生する費用を見積もっておくことです。
現時点では予想できなかった事態が発生することは決して珍しいことではありません。子供の進学や車の購入など、高額な費用が発生するライフイベントによって、住宅ローンとの兼ね合いで生活が圧迫されることがないように、ある程度の余裕を持った資金計画を考えておくことが良いでしょう。
注文住宅の建設は、人生の中で最も高額な買い物であると言われています。次いで長期にわたる保険加入や自動車の購入が大きな出費となります。資金計画についてはそれらの大きなものについての見直しについて考える人も多いですが、それに加え、日々の小さな出費や毎月の光熱費なども見直すことが良いでしょう。ローンの月返済額を手取り月収の2割以下におさえ、さらに生活費を賢く節約することで、余裕のある返済と生活の充実のバランスが取りやすくなります。

失敗しない土地探し3

注文住宅を新築するときの土地探しは、第一歩でありながら非常に重要なポイントです。
土地次第で新築する注文住宅の暮らしやすさにも関わってくるので、家づくりの全てを握っていると言っても過言ではありません。
ですから、絶対に失敗するわけにはいかないでしょう。
土地探しで失敗しない一番の方法は、信頼のできる専門家と一緒に探すことです。
注文住宅のために三重県で新築住宅用の土地を探すときは、書籍を読んだりネットで調べたりして、自分なりに知識を蓄えようとするでしょう。
確かに自ら学んで知識を蓄えるのは、悪いことではありません。
しかし、素人が付け焼き刃で溜め込んだ知識は、専門家の深い知識には劣ります。
素人が一人で探しても、大切な情報を見落としてしまうことがあるでしょう。
そんなときに専門家と一緒に探していれば、見落とした点を指摘し失敗を未然に防ぐことができます。
注文住宅を新築するために土地を探すなら、不動産会社や工務店を訪れ、一緒に探してもらうのが確実です。

失敗しない土地探し2

注文住宅の失敗しない土地探しは、医療機関や教育機関などの生活の利便性、駅からの距離などの交通の利便性、公園や図書館など周辺環境などをどこまで優先するかを自分達自身がしっかりと把握する必要があります。ここで注意したいのが、一般的に自分達の希望はとする条件をある程度満たしていると理想の建築用地に見えてしまい、新築を建築するには大きな欠陥がある建築用地でも気付かず購入してしまう事が多くあります。その為、自分達の希望に優先順位をつけると共に、自分達のNG条件もしっかりと認識しておく必要があります。土地の確認は、一般的に天気の良い日に行く事が多いと思いますが、機嫌の良い時よりも窮地や機嫌の悪い時に本性が現れる様に、天候が悪い時に土地の本当の姿が見えます。現在は閑静な住宅街でも、昔は河川敷や水田で軟弱な地盤の場合があり、地盤改良や地盤補強などの工事が必要な場合もあるので、周辺環境を朝昼晩と時間を変えて確認する必要があります。又、休日と平日では周囲の環境が変化する場合もあります。

失敗しない土地探し1

注文住宅を検討されている方で、どこに建てようか悩んでいる方いらっしゃると思います。
土地を決めていない場合、家の形状を決める事が出来ない為、間取りなどを決める事も出来ません。
新築を建てる土地選びで一番重要な事は自分たちの生活に無理がなく予算に合っている土地を選ぶ事で、毎日の通勤や買い物が便利であったり子供たちの学校が近いなど、いろいろな事柄があります。
その中で自分たちの家族に一番重要な項目を満たしている地域に家を建てられるのが一番ベストです。
しかし、便利な地域は価格も高く家を建てると予定している予算を超えてしまう場合もありますし、新築ばかりの団地や地域ではない場合、近所付き合いや地域になじむのに時間が掛かる事もあります。
また、市内から少し離れた場所に建てる場合には子供の送り迎えが大変になったり、通勤に時間が掛かったりする場合もあります。
事前に土地に行ってみたり生活のシュミレーションをしっかりする事で失敗しない土地探しが出来ます。

注文住宅の設計について

せっかくマイホームを新築するなら、家族全員の希望が実現できる注文住宅を選択したい、と考える家族が急増中です。必要な間取りやデザインの好みは各家庭によって全く異なりますから、ステレオタイプな建て売り住宅ではどうしても不満な点ができてしまいます。その点で注文住宅は、各家庭の必要を見極めながら設計を行うので、長く愛せる家づくりが可能です。
覚えておきたい点として、注文住宅を依頼する会社によっても、三重県の工務店で注文住宅、設計のこだわりに違いが出るということがあります。大きく分けるとハウスメーカー、工務店、設計事務所のいずれかに分類されます。ハウスメーカーはそれぞれ独自の技術があり、それを組み合わせた設計になるので、価格は抑えられますがざっくりとした希望が通る感覚です。工務店の場合はもう少し踏み込んだ設計が行えますが、デザイン性は二の次になることがあります。設計事務所の場合は建築デザイナーが在籍していることが多いので、質と見た目のどちらも満足のいく設計が行えます。

新築の土地探しについて3

注文住宅を新築しようとする場合、敷地として購入する土地の地盤については注意しておいたほうがよいでしょう。土地探しにあたっては、その面積や用途地域、駅からの距離、道路の接続状況などといった、目に見える条件がたいせつにされがちですが、土地の地盤が十分に強いものでなければ、あとから地盤改良のために多額の投資をしなければならないことになりますので、やはりなおざりにはできないものです。河川や湖沼に近接した低地であったり、水田や谷地を埋め立てて造成された土地であったりする場合には、地盤の強度が周辺にくらべて極端に弱い場合が考えられます。そのような土地を購入して、そのまま注文住宅を新築してしまった場合、あとから土地の一部が沈んでしまって、建物が傾く原因になるかもしれません。また、大地震が発生したり、大雨が降った場合などにも、建物の崩落という最悪の事態をまねいてしまうことになるため、十分な注意が必要であるといえるのです。

新築の土地探しについて2

注文住宅を新築するための土地探しをする場合、インターネットのサービスを利用すると、たいへん便利なことがあります。現在では全国的な規模で展開している住宅情報や土地情報の専門のウェブサイトがいくつも開設されていますので、まずはこうしたところにアクセスするのがよいといえます。これらのサイトでは、全国の土地を複数のキーワード、あるいは立地条件などから検索し、その結果を絞り込んで表示させることが可能なしくみとなっている場合がほとんどです。そのため、たとえば新築しようとしている注文住宅の規模にあった面積の土地をピックアップしたり、上水道や下水道などの公共的なインフラの有無、最寄りの鉄道の駅からの距離といったことがらを選択肢から選ぶといったことが可能となるわけです。こうしてだいたいの土地の候補が決まったら、その土地を取り扱っている不動産会社にコンタクトをとって、くわしい説明を聞いたり、現地案内をしてもらったりして、次のステップに進むわけです。